やりやすい投資方法を見つけよう

それぞれの取引の注意する部分

手数料がある投資の種類

FXで取引をする際は、手数料が発生しないケースが多いです。
それに比べて先物取引では手数料が必要になるので、計算してから取引をしてください。
手数料を支払わなければいけないと思うと、FXの方が良いと感じるかもしれません。
ですがFXでは代わりに、売値と買値の差があります。
場合によっては、差額を自分が支払わなければいけないパターンもあるので気をつけてください。

先物取引の手数料はそれほど高額ではないので、たくさん利益を得ている状態なら支払っても大きな負担には感じないと思います。
手数料だけで、どちらの投資が良いのか判断することは避けてください。
FXをする際は、どのようなパターンになったら自分が売値と買値の差額を支払うのか勉強しましょう。

取引対象に有効期限はあるのか

先物取引で使う貴金属や石油には、有効期限が決まっています。
購入してから、1年間しか保有することはできないことを忘れないでください。
どのタイミングで売れば良いのか考えて、じっくりタイミングを待つのは良い方法です。
ですが待ちすぎると、保有できる期限が切れるので注意しましょう。

FXでは通貨を使いますが、それには有効期限が決まっていません。
ずっと保有できるので、売買するタイミングをゆっくり見極めることができます。
取引対象に有効期限が決まっていると、焦ってしまう人もいるでしょう。
また貴金属を異なるタイミングでいくつか購入すると、有効期限が分からなくなる危険性があります。
メモに残すと、きちんと整理できます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る